ネットでもコミュ障、でもそれなりに楽しんでる

日々のことコミュ障を生きる,インターネット

TwitterなどのSNSの台頭により、リアルではコミュ障で友達がいないけどネットにはたくさん友達がいる!という人も増えた。すごくいいことだ。

でも私は思う。ネットで友達が作れる人はガチのコミュ障ではないと。

ネットでのコミュニケーションってある意味リアルより複雑だと思う。
特にTwitterとで上手く交流できる人、本当にすごい。色々考えすぎて怖くて手が出せない…

そんな私だけど、結構ネットを楽しんでいる。ネットコミュ障なりのネット交流の楽しみ方について書こうと思う。

楽しみ方1:お気に入りの個人ブログを巡回

いくつかお気に入りの個人ブログがある。すべて検索している時に偶然見つけた。

検索していて見つけたブログって、何か目的があって探しているわけなので、その目的が達成できたら基本もう見る必要はないもの。
でも時々、なんとなく管理人さんにシンパシーを感じたり、引き込まれたりするブログがあったりする。

そういうブログはブックマークしておいて読者になる。
しばらく読み続けていると管理人さんの人となりがわかってきて、なんとなく知り合いができたかのような気持ちになれたりする。

コメント欄があるブログにはうざくならない程度に時々コメント。
コメントを返してくれると嬉しいし、よりそのブログに愛着がわく。

じゃあなぜこのブログにはコメント欄がないのかというと、やっぱコメント欄があるといいコメントばかりでなく嫌味とか反応に困るコメントとか書き込まれてたりするのを見てきたから。

私が巡回しているブログの主さんたちはそういうコメントにも上手に返信していてすごいな~大人だな~と思っている。
私は今のとこ、そういうのに上手く対応する自信がないのでコメント欄は設置していない。

ブログ同士で交流している人も多いけど、私は好きなブログは一読者として一方的に応援したい気持ちが大きいから自分のブログの存在は明かさない。
こういうとこがまさにコミュ障だな~と思う。

うさぎ

うさぎ

コンテンツは一方的に楽しむのが気楽!

楽しみ方2:ネット掲示板

ネット掲示板のような、個人が特定されないところなら書き込むことができるのはコミュ障あるあるなのではないだろうか。

ただ、ネット掲示板は悪口やネガティブな内容が多いので、心が疲れている時にはあまり使わない方がいい。

私は「ガールズちゃんねる」という掲示板をメインで見ているんだけど、このサイトはネット上でよく「怖い」とか「悪口ばかり」とか書かれていて、あまり評判が良くない。

ガールズちゃんねる

確かにそういうトピック(5ちゃんでいうスレッドと同じ意味)が多いのは紛うことなき事実。

まず、芸能人系、政治系、時事ネタ(今でいうとコロナとか)は悪口や本当かどうかもわからない情報が多いので、精神的に疲れている時は見ない方がいい。

あとは、独身トピック、子なしトピックといったような、その境遇の人同士で語り合いたいトピックにも違った境遇の人が現れてマウントや説教を始めたりする。

こういうコメントは慣れてしまえばスルーできるようになるけど、慣れるまでは本気で傷ついたりしていた。なので、これもメンタルが弱っている時には見ない方がいい。
でも、同じ境遇の人同士で語れるのはとても楽しいし貴重な場ではあると思うので、まずは元気な時に覗いてみるのがいいかも?

基本的にガールズちゃんねるで伸びているトピックは民度が低いことが多いので、余程興味のある話題以外は最近はスルーしている。
過疎り気味のトピックの方が居心地がいいことが多い。こういうのとか…

ネットで見た一番怖い話ってなに?

ガルちゃん(ガールズちゃんねるの略称)は女性向けに特化した掲示板なので、広告も5ちゃんと比べるとかなり上品め(それでも微妙なものはあるけど)で、そういうストレスが少ないのもいい。

ただ、嫌味やマウント、集団ヒステリーのようなものもよく見られるので、周囲の言葉に流されやすい人は注意が必要。傷つきやすい人はそもそも見ないか、嫌な人が寄り付かなそうなトピックを上手く見極めることが必要になってくる。

うさぎ

うさぎ

掲示板の見過ぎで心が傷ついたり汚れてしまわないように、自分の心は自分で守らないとね

楽しみ方3:悩んだときはネットで相談

めったないけど、どうしても誰かに悩みを聞いてほしい時は相談系のサイトに書き込むこともある。
書き込んだことがあるのは、「Yahoo!知恵袋」と「cremu」というサイト。

Yahoo!知恵袋

こっちは誰もが知っているサイトだと思う。Yahoo!のIDがあれば誰でも使えるお手軽サイト。相談のジャンルも多岐に渡る。

ただ、手軽に相談できるのと知名度が高いのとで、めちゃくちゃ民度の低い質問がいつもランキング上位に入っている。相談というより単にかまってほしいから使っている人も多そうで結構カオスなサイトだ。

Yahoo!知恵袋

cremu

こっちは創作活動に関する匿名Q&Aサイト。二次創作関連の相談をしている人が多い印象。Yahoo!知恵袋と違い、IDなどは必要なく誰でもすぐ相談できる。

過去に二次創作をしていた時、よく病んでいたのでここで何度か相談にのってもらった。
今は二次創作をやめて悩むことが減ったので、使わなくなってしまったけど。

1~2年前くらいまでは割と民度が高いサイトだった気がするんだけど、ここ1年ぐらいで急にユーザー数が増えたのか、マウント、嫌味の類の書き込みが増えた気がする(質問も含めて)。それも使わなくなった理由の一つかもしれない。

それでも創作に特化したサイトなので、ちゃんとした悩みにはちゃんとした回答がつくイメージ。ちゃんとした回答の質はYahoo!知恵袋より上だと思う。

cremu

相談サイトの使い方のコツ?

相談サイトで心配なのは、悩みを解決するはずが心無い回答がついて、余計傷ついてしまうことだと思う。
ただ、そういう心無い回答がつく質問は、質問する側にも少し問題がある気がする。

私は10回以上相談サイトを利用したことがあるけど、心無い回答がついたことはない。(若干嫌味っぽいのは何度かついたけど気にならないレベル)

  • 回答するのに必要な情報は身バレしない範囲で詳しく書く(後出ししない)
  • 丁寧で簡潔な文章で書く
  • すでに何度も質問されているようなことは書きこまない
  • ただのかまってちゃん的な内容は書きこまない
  • 誰かを攻撃するような質問は書きこまない

当たり前のことばかりだけど、これらを気を付けるだけで心無い回答はつきにくくなる。
回答を書きこんでもらうということは自分のために無料で時間を割いてもらうということなので、最低限のマナーを心がけるだけで嫌な思いをする確率はだいぶ減らせると思う。

うさぎ

うさぎ

まあ無料のものなので過度の期待をしないのが吉ですね
でも時々すごく親身に回答してくれる人がいたりして感動するよ

まとめ:人と繋がらなくてもそれなりに孤独感は解消できる

ネットが一般的になってから、誹謗中傷や悪口が具現化されたりデマが拡散されたりといった嫌な側面もたくさんあるけど、私のようなコミュ障ぼっちでもネット交流で孤独感を多少なりとも癒すことができるようになったのは時代の恩恵だな~と感じている。

ネットがなければ私の日々はもっと寂しく狭い世界だったと思うので、今の時代に生きれてよかった。
SNSのような直接的な繋がりでなくても、ネット上にいる共感できる人が日本のどこかで生活しているんだな、と思うだけで、なんだか一人じゃないと思える。

密に繋がって頻繁にやりとりしたりしなくても、ネット上で一言二言言葉を交わすことができたというだけで満足だ。
そんな感じで、SNSなどで誰かと繋がったり密な交流はしていないけど、それなりにネットを楽しんでるよ!というお話でした。

うさぎ

うさぎ

でもネットの使い方に慣れるまでは傷つくことやイライラすることも多かったな~
うし

うし

ネットで病んだりおかしな方向に行ってしまう人も多いですからね
所詮はネットですから、リアル以上にあまり入れ込みすぎないことが大事かと

スポンサーリンク